ニュース

クリスティアーノ・ロナウド、性的暴行疑惑は金目当てのジェンダーテロ? #MeToo運動は混迷か

投稿日:2018/10/04(木) 更新日:

(クリスティアーノ・ロナウド/ユヴェントスFC公式Instagramより)


雑念エンタトピック
10月3日、イタリアプロサッカーリーグ・ユヴェントスFC所属のクリスティアーノ・ロナウドが、2009年にアメリカ・ラスベガスのホテルにおいて、アメリカ人女性のキャサリン・マヨルガ氏に性的暴行を働いた、と訴えを起こされていることについて、自身のTwitter上で完全否定した

ミーハーたまみ
あれ、これってフェイクニュースだったんじゃなかったっけ?

芸能通の小島さん
先月末、この疑惑が報じられた時、ロナウドが完全否定したものの、ラスベガス警察が捜査を再開したため、騒動がぶり返しているみたいですよ

マスター
9年前の出来事ですか。真偽のほどを確かめるのは難しそうですね

芸能通の小島さん
ネット上では、「なぜ今さら?」という批判的な声もあるようですね。キャサリンさんによれば、09年当時、口止料として37万5,000ドルを受け取り和解。秘密保持契約を結んだものの、昨今の「#MeToo運動」に触発され、和解の破棄と20万ドルの賠償金を求めているとのことです

#MeToo運動とは?
元々は、アメリカの市民活動家・タラナ・バーク氏が、性暴力被害者支援の活動スローガンとして07年に「Me Too」を用いたのが始まり。昨年、ハリウッド女優のアリッサ・ミラノが映画プロデューサー・ハーヴェイ・ワインスタイン氏からのセクハラ被害を訴えた際、同じような境遇にある女性に対し、「#MeToo」」のハッシュタグをつけ、SNS上で声を上げるよう呼びかけたことで、世界中に広まった

マスター
今回の事件とは少し異なりますが、ついこの前も、バナナマン日村勇紀さんが、当時16歳だった女性から16年前に‟遊ばれた”ことを暴露されていましたよね

芸能通の小島さん
当時、日村さんは駆け出しの芸人でしたが、現在は超売れっ子かつ、今年4月にはフリーアナウンサーの神田愛花さんと結婚したことから、妬みや金銭目的だったのではないかと、批判的な声がネット上で飛び交いました。ロナウドにしても09年当時、すでに世界的なスーパースターでしたが、現在はさらに市場価値が上がり、年収は100億円超といわれていますから、金銭目的を疑う声は多いようですね

マスター
キャサリンさんの事件の真相はわかりませんが、「#MeToo運動」に便乗してお金や注目を得ようとする女性もいるかもしれませんね

芸能通の小島さん
性的な事件ではどうしても男性の方が不利ですし、たとえ潔白でも訴えられたことでイメージに悪影響が及びます。女性側が悪意をもって訴え出た場合、ジェンダーテロともいえる脅威になりますよ。しかも、10年近くも前の事件ともなれば、当事者たちの記憶も曖昧な部分があるでしょうから、完全決着することは難しいでしょう

マスター
スターに限らず一般男性にしても、電車での冤罪痴漢で社会的地位を一気に失う危険がありますよね

ミーハーたまみ
でもさ、ロナウドの擁護派に、「彼はイケメンで金持ちだから、そんなことしなくても女性に不自由はしない」っていう意見があるんだけど、それは違うと思うんだよね。確かにイケメンでモテモテだろうけど、それとこれとは別でしょ。そんな理屈が通るようになったら、今度は女性の立場が弱くなるよ

芸能通の小島さん
たしかにそうですね

ミーハーたまみ
でも、世の中には何を考えているかわからない人もたくさんいるからね。善意から起こった運動を悪用しようとする人も絶対いないとは言い切れない。「#MeToo」運動に限ったことじゃないけど、事が大きくなりすぎると色々な意見が乱立して混迷しちゃうよね

マスター
救われるべき人が救われる。当初の理念に沿う運動に戻って欲しいですね

表示数

表示数

-ニュース

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

スターバックス激減しないよね!? コーヒー豆の『2050年問題』が心配

ミーハーたまみ マスター、エスプレッソお願い マスター どうぞ ミーハーたまみ う~ん、マスターの淹れてくれるコーヒーは最高! 小説家ワナビの鳴瀬さん たまみ、こんな格言を知ってるか? 「いつまでもあ …

消費税10%増税&軽減税率大反対! パピコを半分にしたら税率はどうなる? 食玩は軽減対象?

(『政府広報オンライン』より) 雑念エンタトピック 10月15日に開かれた臨時閣議において、内閣総理大臣・安倍晋三が、「平成31年10月1日に現行の8%から10%に2%引き上げる予定だ」と、消費税増税 …

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930